【未経験歓迎!】の業種に書類選考で落選して思ったこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

32歳無職男性のTAH(たー)です。

転職活動を開始してからこれまで8社に応募していますが、書類選考が通らなかった企業が2社ありました。

その企業は私の職歴と接点の無い未経験の業種だったのですが、「なぜ通過出来なかったのか?」そして「未経験の業種じゃなくても良いじゃないか!」について考えてみます。

私が応募した職種一覧。8社に応募。

前職は接客業(飲食)で店長をしていました。

32歳無職のTAH(たー)です。 私は4年間働いた飲食業を辞めました。 仕事も大変でしたし、会社の考え方も合わなかったか...

そして応募した職種はこちら

・インテリアコーディネーター

・営業

・エンジニア3

・工場

・接客2

(現在接客業の1社で決まりそうです)

ハローワークでも探しましたが、応募した企業は全て転職情報サイトdodaから応募しています。(毎日ものすごい量の求人を紹介してくれます)

この中で書類選考を通過出来なかった企業はインテリアコーディネーター1社とエンジニア1社合わせて2社でした。

書類選考に落選した理由は圧倒的熱意

私は新しいことに挑戦したかったので、全くの未経験かつ接点のない業種に応募しました。

落選した2社の求人広告には「未経験歓迎!」「人柄重視の採用です!」と記載されていましたが、現実は面接することすら出来ませんでした。

おそらく採用担当者の方からすると、未経験者と経験者の差は範馬勇次郎と本部以蔵くらい差があるのだと思います。(わからない方はグラップラー刃牙を全巻読んでください)


グラップラー刃牙 コミック 全42巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)

私は全ての企業に対して同じような内容のWEB履歴書と職務経歴書で応募していましたが、未経験社が経験者に勝つ為には【圧倒的熱意】が必要だったのだと今わかります。

もちろん経歴も判断材料になると思いますが、私のゴミのような経歴でも接客業なら大手企業の書類選考を一瞬で通過することが出来ました。

なので、重要だったのことは「未経験だが、どれだけインテリアが好きで興味があるのか」「未経験だが、どれだけパソコンが得意で休みの日にイジリ倒しているのか」だったのです。

そこを猛プッシュするべきでしたし、自分に果たしてそこまでの熱意があったかどうかも疑問でした。

未経験の業種に応募して落選した感想

未経験の業種で面接にこぎつける為には【圧倒的熱意】を伝えることです。その為にはその仕事が大好きであることが条件でした。難しい…

ただ、今の現状をポジティブに考えると、30代から未知の世界で頑張るよりも、得意な接客で別のフィールドに立つという選択も途中からありだと思うようになってきました。

実際は、面接でどう勝負しようかと考えていたのに書類選考で落とされスタートラインにすら立てなかった事が、かなりショックでした。

なので私と同じように、「未経験の仕事に挑戦したい!」と決意したのになかなか決まらない方は、今まで仕事で培ってきた長所を伸ばすという選択を考えてみても良いかと思います。

もしかしたら、書類選考に落ちるような応募の仕方をするぐらいなので、そんなに興味があるわけでは無いのかもしれません。

それなら今までやってきた仕事と少し違う職種で頑張れば良いのです。

※言い聞かせている筆者

最近始めた株の記事はこちら↓

株超初心者のTAH(たー)です。 株について勉強中です。 そして、また本を買いました。 マンガでわかる最強の株入門...

おすすめの下着はこちら↓

UNIQLOのボクサーブリーフならエアリズムのボクサートランクスタイプを選ぶ ボクサーパンツを履くと蒸れ蒸れになるTAHです。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする