【2018】3時間で審査に合格!1ヶ月半14記事でGoogleアドセンス通過を考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月7日

申請:14時半〜通過:17時半【約3時間

記事数【14記事】

サイト作成日4月24日【45日間

累計PV数【約50

WordPress、エックスサーバー使用

ファッション、雑記ブログ

でGoogleアドセンスを通過しました。一発でした

ネットで調べると、なかなか審査を通過できない方が多いようです。

今回私の誰も読んでいないような弱小ブログの通過がたまたまだったのかどうか!?わかりやすく順を追って考察していきますので、少しでも参考になればと思います。

申請から通過まで

3時間でした

2018年6月7日14時頃に申請して、17時34分に通過のメールが届いています。

正直対応のスピード感が早すぎて、なんのメールかわかりませんでした。

暇な時間だったのでしょうか?飲食店ではアイドルタイム(車のアイドリングの方のアイドル)という1番暇な時間ですから。もしかしたら狙い目かもしれません

運営期間

4月24日に運営を開始しています。

1度サブドメインで運営するというミスを犯し、4つの記事を担いでまた1から運営を開始したブログです。なので初日に記事を4つ投稿しています。

通過までの期間は45日間です。

1ヶ月以上運営していれば認めてもらえる感じでしょうか。

記事数

他の記事を読んでいると「20〜30記事は必要」などと書かれている事が多かったのですが、私は14記事で通過しました。

重要なことは数ではなく内容だと思います。私は誰かのプラスになる内容の記事を意識して作成しているので、嘘やマイナスにならない内容の記事を作成することが重要だと考えます。

文字数

平均1000文字前後です。

500文字程度の記事では少なすぎるとは思いますが、無理して2000文字以上にすることも無いと思います。

私は何も考えずに出来上がった記事をみたら平均1000文字だった、というだけです。

なのでマンガでたまにある【無理して連載を引き伸ばしている感】が出ない事も必要かもしれません。

画像のアップについて

「画像をアップしてはいけない」

と書かれている記事も見かけられますが、私は気にせずアップしていました。

そもそも画像をアップしてはいけないという意味がわかりません。

もちろん私が使用している画像は、【※著作権フリーの画像】【自身で撮影した画像】のみです。※ぱくたそ

勝手に芸能人の画像を使えば審査に通るはずもないので、そういう意味では画像を使用しない方が安全かもしれません。ただ画像の無いブログは作成していてつまらないと思います。

PV数

累計で50PV程度だったと思います。

14記事で50PVですから、超弱小ブログですね。普通こんなブログに広告をつける意味などありません。

もしかしたら将来性を買われたのかもしれないですね。

だとすればGoogleアドセンス を審査しているモノは、とても人間味のあるモノだと考えられます。コンピューターじゃないんですね。アイドルタイムに申請もあながち間違いではないかもしれません。

アフィリエイトリンクの有無

アフィリエイトリンクはありませんでした。

これからアフィリエイトをしていこうと思っていますが、申請時は何もしていない状態でした。

ただアフィリエイトリンクを貼っていても問題無いというウワサもあります。Googleさんは人間味があるのでウワサも本当かもしれませんね。

外部リンクの有無

こちらもありませんでした。

内部リンクは貼ってました。※ヘインズのTシャツとGUのTシャツでリンクしています。

プライバシーポリシー

これについては色々な記事を参考にしました。

「コピペでも大丈夫」という記事もありましたし、「全コピーはダメ」という記事もあったので(プライバシーポリシーでも基本的にどこかのだれかの文章をコピーしてはならないルール)、自分なりにコピペを修正して使用しました。

お問い合わせ

こちらもサイトを運営していくうえで必要だと思います。

【contact form7】というプラグインを使用しました。

Google関係

私はここが1番重要だと勝手に思っています。

それはGoogleアナリティクスとサーチコンソールに登録→サイトマップ追加です。

長くなるので詳しい内容はこちらをご覧ください。

[blogcard url=”https://blogtah.com/sitemap”]

審査の前にサイトとGoogle関連のサービスを愛用している事を知ってもらいます。

おわりに

通過した感想としては、合格ラインがあるというより、一つ一つのサイトを人がチェックしジャッジをしている印象でした。

とにもかくにも、楽しんでブログを作成することが1番だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする